写真撮影は芸能人のための特別なもの?

先日、私がカメラマンだと自己紹介した、初めてお会いした方が

「写真撮影ってハードルが高いですよね!」とぽろっとおっしゃっていました。

 

その方は、ご自身でも事業をされていらっしゃったのですが、写真撮影は苦手だそうでプロフィール写真もずっと自撮りのままなんだとか。

すごくお顔立ちも綺麗な方なのにもったいない・・と、写真の価値がまだまだ浸透していないなと悔しく思いながら、お話を聞いていました。

 

本当に写真撮影は、特別なものなのでしょうか?

 

1. 芸能人じゃなくても自分のために写真撮影していい

プロのモデルや芸能人は、外見にもお金をかけていますし、メイクやヘアメイクなど各プロが時間をかけて撮影しています。プロの仕事です。

でも、芸能人じゃなくても写真撮っていいんです。

普段とはちがうメイクをし、プロに髪型を整えてもらい、来てみたかった服や衣装を着て、ちょっと別人になった気分でモデルになる。写真撮影は、最初は恥ずかしいかもしれないけど、男女問わず絶対に楽しめるエンターテイメントです。

 

全くの別人になりきってみるのも、お仕事用に見せたい自分なりたい自分で撮ってみるのも、違うように見えるけれど、どちらも自分にフォーカスが当たります。自分の知らなかった自分に出会えるというのは、伸び代を知れるということ。それはプライベートでもビジネスでも可能性が広がるということです。

 


2. 起業家のプロフィール写真では、別人になってはいけない

起業家が撮影する前には、一つだけ注意することがあります。

それは「全くの別人を作り上げようとしていないか」です。

 

起業家の方で、プロフィール写真はめちゃめちゃ美人なのに、実際に会ったら全くの別人だった・・・ということはありませんか?

写真ではシワを全てなくしてツルツルの肌に加工したり、メイクばっちりなのに、会ったらすごく地味で別人、髪型も雰囲気も全然違う・・そんな風にギャップが大きすぎると、逆に周囲から信用を無くしかねません。

それは、プロフィール写真はネット上の顔だからです。

普段とは全くちがうメイクや服装をして変身するのはエンターテイメントとして楽しいですが、起業家がプロフィール写真に使うときには注意が必要です。

 

何歳になっても綺麗でいたい

それは女性なら誰しも願うこと。

ただ、写真は過剰に加工すると、お顔がのっぺらぼうになったり不自然になります。どうしても気になるシミを消す程度ならともかく、目尻のシワ、ほうれい線など加工するほどにCGっぽくなってしまいがちだと、私は感じています。

 

(シワは悪者なのか?についてはまた後日書きたいと思います^^)


3. 撮影前の準備が仕上がりを左右する

撮りたいイメージ、いやそれを超える写真を撮るには、事前の準備がとても重要です。

もちろん普段通りの姿をそのまま撮影しても、ちゃんとしたカメラマンなら綺麗に撮ってくれます。ただ、細かいニュアンスや、「こうなりたい」という希望は、言葉で共有したほうが撮影する側も方向性がたてられやすいのはもちろん、撮られる方も、自身の希望を自覚することができます。

 

3.1 テーマ決める

例えば、プリンセスになりたい、花魁になりたいもわかりやすいテーマですよね。冬っぽい、夏っぽい、などの季節感なども大切なキーワードです。

プロフィール写真の撮影で最も多いのが、【自分らしい自然な姿】というテーマです。

でも、これだけだとテーマが広く、人によって解釈の幅があります。次に可能な範囲でテーマをもう少し絞って行きます!

プリンセスになりたい!なら
→シンデレラ系?ラプンツェル系?ベル系?
→ガッツリ変身したい?それとも服装はナチュラルだけど、撮影するお部屋にプリンセス要素を入れたい?
→笑顔系?しっとり系?

 

自分らしい自然な姿を撮りたい!なら
→どんな自分になりたい?
→周りからどうみられたい?
→理想の女優さんや芸能人は?
→写真はどう使いたい?

こんな感じで、テーマを深掘りしていきましょう。これをしておくだけで、撮影したあとに「なんかちょっと思ってたのと違う」というカメラマンとのすれ違いはほぼなくなります。

ぜひ自分の撮りたいテーマ探してみてください!

 

3.1.1  自分ひとりではテーマを絞れないときは

自分のこととはいえ、自分にはどういう雰囲気が似合うのか、しかもそれを仕事用に使うときには尚更、第三者からの意見も大事です。

なかなかどういう風に撮りたいか決められないときや、具体的なアドバイスが欲しいときはプロの力を借りた方が、納得のいく写真でかつ使いやすい写真が撮影できます。

 

私自身もプロフィール写真撮影では、事前に打ち合わせをすることで、お客様のニーズはもちろん、撮影イメージを深掘りする時間を作っているので、ブランディングをお考えの起業家さんにもご好評いただいています。

▶️プロフィール写真撮影の詳細はこちら

3.2 メイク、ヘアメイクは丁寧に

テーマが決まったらあとはそれに合わせて用意するだけです。

メイクやヘアメイクは、普段からしっかりセットしている人なら大丈夫かもしれませんが、あまり自信がない人は美容院などでプロにお任せした方が安心です。

ヘアセットのみだと、カットよりもお安いサロンも多いですし、何よりプロにセットしてもらうのはとっても気分が上がります。撮影ってどうしても最初は緊張してしまいがちなので、その前にヘアメイクの時間を少しリッチに過ごせると撮影に入っても表情が和らぎやすいです!


まとめ

写真撮影は文化であり、一つエンターテイメントであり、ビジネスには必須のもの。

撮影はプチプライスのものは少ないかもしれませんが、自分へのご褒美も兼ねて撮影に来られる方もこれまでいらっしゃいました。それだけ、自分自身へ時間をかけること、自分のビジネスに時間をかけることは、これからの時間をより豊かに過ごせるきっかけになります。またビジネスでは、よりお客様に思いやサービスを届けることができます。

 

確かに、最初はハードルが高く感じるかもしれません。

写真はなくても生きていけるかもしれません。でも必ず人生を豊かにしてくれますよ!

 


ご提供中の写真撮影メニュー

今までとは違う自然体な写真を撮影してみませんか?


札幌を中心に

・いまの自然な表情を切り取る「家族写真」
・百日祝い・七五三などの「記念日写真」
・起業家向け「プロフィール写真」
・イベント・セミナー風景などの「ビジネス写真」

などの撮影をしています

ご提供中の写真撮影メニューに関するご案内は下のボタンをクリックしてご覧ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です