【撮影レポ/マタニティフォト】笑顔がそっくりのご家族

 

2019年11月に東京・品川区にある公園にて、マタニティフォトを撮影しました。

秋のぽかぽかだったので、ロケーションフォト日和!

おふたりの雰囲気にもぴったりで、素敵な撮影になりましたのでご紹介します!


おなかのアップにエコー写真と一緒に、定番の一枚。

どんなお顔なのかな?おなかの中でどんなこと考えてるのかな?早く会いたいな

おなかにいるのはたった9ヶ月だけれど、お母さんにとっては短い様で長い時間です。

 

この日は、お父さんもいっしょに来てくれました!

結婚式で使った思い出のリースも持って来てくださったので、二人でいっしょに持ってもらいました♪

 

赤ちゃんが生まれると、夫婦2人の写真を撮る機会って本当に少なくなります。

パパママであると同時に、人生のパートナーですから、ふたりの軌跡残していきましょう!

赤ちゃんが大きくなってから、この写真を見せてあげたらパパママに愛されて生まれてきたこと、伝わるのではないでしょうか

 

 

今回、撮影場所になったのは、品川区にある戸越公園。

池を中心に渓谷や滝、築山などの配置の中を一周できる回遊式庭園で、桜や梅などの様々な木々を楽しむことができます。

大きな公園ではないですが、小学生が小さな渓谷で水遊びをしていたり、池の周りでシートをひいてお弁当を食べる人がいたり、と地域の人が楽しめる公園です。

 

様々なロケーションを楽しめる大きな公園で撮影するのも素敵ですが、家の近くであったり、縁のある場所で撮るのは、ママの体力的にも嬉しいですし、思い出が一層深くなるのでオススメです!

 

撮影中も自然体のお二人。

 笑った時のお顔がそっくりで、こちらもにっこりしてしまうほど、幸せを分けてもらいました!

赤ちゃんが生まれたら、そっくり笑顔がもう一つ並ぶのかな?楽しみですね!

 

マタニティフォトにも色々な形がありますが、屋外で撮影するロケーションフォトは、お二人のリズムに合わせて撮影できるのもとってもオススメなポイントです。

妊娠中って、女性の気持ちも不安定で過敏になりやすかったりしますが、旦那さまが側で寄り添ってくれる安心感は他に代えられません。

そうやって一緒に親になっていく、その道を写真で残せるのはとても素敵なことだと、カメラマンとしても一人の母としても私は考えています。 

 

 「マタニティフォト、どうしようかな?」

とお考えの人には、ぜひおすすめなので、30週過ぎた頃にぜひ撮影してくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です