ビジネスプロフィール写真の撮影のタイミング間違えてない?痩せてからは手遅れ?

ビジネス用のプロフィール写真の撮影はどのタイミングでやっていくもの?

いまの写真も気に入っているし、そのまま使い続けてもいいかな
ダイエットして痩せてから依頼しよう

と思っている人は、要注意!

ビジネスプロフィール写真の撮影を後回しにしていると、気づいたときには手遅れになっているかもしれませんよ

 

ビジネスプロフィール写真を撮影するタイミング①年に1度

ビジネスプロフィール写真を撮影するタイミング1つ目は「年に1度」

年に一度はいまお使いのビジネスプロフィール写真を見直しが必要です!


知らず知らずのうちに、外見は変わっていきます。
年齢を重ねることはもちろんですが、それ以上に「思考」と「感情」そして「環境」があなたの外見を形作っています。

1年という期間で、

  • 活動内容ややりたい方向性に変化があった
  • 結婚や出産などライフステージが変わった
  • 体型やビジュアルの変化があった
  • お金のブロックが外れた
  • ずっと否定的だったのが前向きに考えるようになった
  • パートナーシップがうまくいくようになった

など、置かれている環境や考え方、心持ちの変化はありませんでしたか?


些細なことでも、ひとつひとつの出来事とその捉え方、どう感じてどう動いてきたか
毎日の積み重ねがいまのあなたを作っています。

当たり前かもしれないけれど、一年前との今日のあなたは別人なんです。 

SNSやホームページなどでお顔出しをしてビジネス活動をする以上、プロフィール写真と実物のギャップが大きいことは、かなりのマイナス要素

届けたいメッセージも、写真の第一印象で読んでもらえなかったり
この人・このサービス怪しいかも?と嫌煙される可能性だってあります。 

 

「でも、せっかく撮ってもらって、気にいって使っているプロフィール写真
だから、そのまま使い続けたいな」

その気持ちもすごくわかります。
撮影したカメラマンにとっても使ってもらえるのは嬉しいものです。

嬉しいけれども、ビジネス用のプロフィール写真だからこそ、写真を変えていく潔さも時には必要です。

ビジネスプロフィール写真を撮影するタイミング②仕事の方向性が変わったとき

ビジネスプロフィール写真を撮影するタイミング2つ目「仕事の方向性が変わったとき」です。

 

 

例えば・・・

  • 今までは子育てに悩むお母さん向けの発信をしていたけど
    今度は法人向けの講師業を本格化させたいな
  • 幅広い世代の人に来てもらえるサロンを目指していたけれど、30〜40代の働く女性にたくさん来てもらえるようにしたいな
  • ブランディングを一新しサイトを整えて、ネット上で知ってもらう仕組みを作ろう

などなど、お仕事の方向性の変化があるときは、プロフィール写真を一新するタイミングてす。

 

またランディングページ・ホームページのサイトと、ブログ・SNS、それぞれのツールの使い分けがありますが
プロフィール写真は統一させましょう。

プロフィール写真を統一させておくことで、顔も覚えてもらいやすく、見つけてもらいやすくなります

 

 
統一していても、

昔からの写真を転用したり

使い続けているために

サイト全体は見やすく整っているのにプロフィール写真だけ浮いてしまっている人もよく見かけます

 

プロフィール写真は、伝えたい想い(サービス)を伝えたい人(お客様)にちゃんと届けるためのツールです。

ビジネスの方向性が変わると、見せ方(ブランディング)も変わります。
届けるための手段として、ビジネスプロフィール写真を新しくしましょう。

ビジネスプロフィール写真を撮影するタイミング③自分のステージが変わったとき

ビジネスプロフィール写真を撮影するタイミング3つ目「自分のステージが変わったとき」です。

 


人生にはいろんなステージがあります。
とくに結婚・妊娠・出産・転居などのライフステージで全く新しい人生が始まること

また、

  • 親との不和を解消した
  • お金やパートナーシップのブロックが外れた
  • 長年の思い込みに気づけた

など、これまで抱えてきた悩みが解消したりする、緊張していた糸が解けて良い意味で緩んだ時期には、ガラッと雰囲気が変わります


  • エネルギー感が軽くなる
  • 笑顔の強張りがなくなりリラックスしている
  • かぶっていた鎧が外れたようにら軽やか
  • 明るく、透明感が増す
  • どことなく田舎くさかったのが急に垢抜ける

自分では気づかないうちに、あなたが纏う雰囲気は変化しています。

ステージが変化したときには、今までの自分に違和感を感じることもあるでしょう。

それは、プロフィール写真を新しくするサインです。


ビジネスプロフィール写真を撮影するタイミング④「写真とイメージちがいますね」と言われた

ビジネスプロフィール写真を撮影するタイミング4つ目「「写真とイメージちがいますね」と言われた」です。

 

「写真とイメージちがいますね」
と周りから声をかけられたら、赤に限りなく近い黄色信号です。

 

ビジネスプロフィール写真の役割は、安心感を伝えることです。

「ネット上に顔出しをするのは怖い」
という人もいますが、プロフィール写真で顔出しをすることで
 

  • 親近感をもってもらいやすい
  • 認知してもらえる

など、メリットがたくさんあります。

写真と実物にギャップがあると、そのメリットが半減してしまいます。

 


  • 体型が変わった
  • ワンレングスだったけど、前髪を作った
  • ロングヘアをばっさりカットした
  • 服装を変えた 

自分の中ではちょっとした変化であっても、周りから見れば大きな変化

「イメージとちがいますね」
と言葉で伝えてもらうくらい差があるということです。


「痩せたら、タイミングが来たら撮ります」と言う人は来ない

「痩せたら、ダイエットしたら撮ります」
「いまはタイミングじゃない気がするんで、折を見てお願いします」

これまでも何度も言われたことがありますが、そういう人ほど、実際に撮影に来ません。

 

痩せたら
タイミングが来たら
というのは、厳しいかもしれませんが言い訳です。

 

チャンスは自分で掴みにいく勇気も必要ではないでしょうか?


まとめ

ビジネスプロフィール写真を撮影するタイミングについてまとめました?

あなたに当てはまるものはありましたか?

 

後回しにしがちなプロフィール写真の撮影、ぜひ活用してよりビジネスを展開していきましょう!

ご提供中の写真撮影メニュー

今までとは違う自然体な写真を撮影してみませんか?


札幌を中心に

・いまの自然な表情を切り取る「家族写真」
・百日祝い・七五三などの「記念日写真」
・起業家向け「プロフィール写真」
・イベント・セミナー風景などの「ビジネス写真」

などの撮影をしています

ご提供中の写真撮影メニューに関するご案内は下のボタンをクリックしてご覧ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です