写真でキメ顔は必要?キメ顔のメリットとデメリット

写真でキメ顔をしたことはありますか?

自分が綺麗に見えるポイントを知っているのは、あなたの強みですが、キメ顔ばかりで撮られていると、新しい自分を知れるチャンスを逃してしまうかもしれません。

 

キメ顔がある

カメラマンとして撮影している中で以前、

【カメラを向けると、ある一定の表情から顔が動かない】

お客様に出会いました。



お顔が変わらないのは、緊張して表情がこわばっているのではなく

お客様にとってカメラに見せたい、いわゆる『キメ顔』がおありだったようなんです。

 

とてもお綺麗な方でしたので、撮られ慣れていらっしゃるのだなぁと思いつつも、カメラには一切の隙を見せないようにされていたのもあって、出来上がった写真は同じ表情が並んでおり、少し残念な気持ちになりました。

 

(もちろん、それは撮影した当時の私のコミュニケーション技術・撮影技術もまだまだ足りていなかったのも要因の一つだと思います。)

キメ顔があるのは強み

「自分が綺麗に見える角度を知っている」ことは、強みです。

 
「人は中身が大事」といえども、初対面の印象は、仕事でもプライベートでも、その後の関わりを大きく左右しますから

  • 外見を磨くこと
  • 自分の綺麗な角度を知ること

 

で自分に自信をつけていくこと、自分自身をアップデートしていくことは、大人のたしなみであり、起業者にとっては欠かせないことだと、私は考えています。

 


写真が苦手な人もたくさんいらっしゃる中、自分のキメ顔がある(= 自分が綺麗に見える角度を知っている)ことは、素晴らしいことです。

だからこそ、「もったいない」とも私は感じてしまいます。

 

 

写真には、新しい自分を知れる力がある

写真を撮影すると、毎回新しい自分と出会うことができます。

 

自分が良いと思うキメ顔でだけ撮られようとすると、自分の知らない自分を知るチャンスを自ら遠ざけてしまうことになるのです。

「もったいない」と感じたのは、そのためです。

 

鏡や自撮りでチェックできる範囲は狭い

キメ顔だけを撮られたいのであれば、自撮りでも十分綺麗に撮ることができます。

自分ではない他の誰か、写真のプロであるカメラマンに写真を撮られるからこそ、客観的に自分自身を見ることができるんです。

 

また普段、あなたが周りの人に見せているのは、キメ顔だけではありません。

話している顔やふっと考えを巡らしている顔

真正面からのお顔よりも横顔や上下から見たお顔

をずっと多く、周りの人は見ています。

 

つまり、自分ではキメ顔と思っていても、周りの人にとってはギャップのある表情になっている可能性もあるんです。

 

少しでも綺麗に写真に写りたいのは、誰もが願うことですが、キメ顔だけでなく色んな表情を撮るのをオススメします! 

キメ顔は自信のなさの表れ

写真でキメ顔を持っている人・持っていない人だけでなく、写真が苦手な人、起業したばかりの人・ネットで名を馳せている方など、これまで本当にたくさんの方にお会いし、撮影させていただきました。

 

撮影していると、

しっかりと成果を出し続けている起業家ほどカメラの前でも自然体

ということに気づきました。

 

仕事で成果を出し続けるには、自分自身に向き合い続け、メンタルだけでなく体調・時間をコントロールする必要があります。

そのため普段から自分を取り繕うのではなく、等身大の自分でいらっしゃるのかもしれません。

 

さらに、人に見られる機会も多いでしょうから、自分が周りからどう見えるかという客観的視点も常に持ち合わせているのだと思います。

また、ビジネスで成功している・いないに関わらず、自分自身に向き合い、普段から等身大でいる人ほど、カメラの前でも過剰にキメ顔をする人は少ないようです。

 

それは、無理に盛ったり飾らなくても、自分自身の素敵さを知っているから・根本的に自信を持っているからなんだと私は感じています。

 

さいごに

写真にキメ顔で写るのは、決して悪いことではありません。

次に写真を撮影する際には、「新しい自分を発見できる」ツールとして、写真撮影を楽しんでみてはいかがでしょうか?

ご提供中の写真撮影メニュー

今までとは違う自然体な写真を撮影してみませんか?


札幌を中心に

・いまの自然な表情を切り取る「家族写真」
・百日祝い・七五三などの「記念日写真」
・起業家向け「プロフィール写真」
・イベント・セミナー風景などの「ビジネス写真」

などの撮影をしています

ご提供中の写真撮影メニューに関するご案内は下のボタンをクリックしてご覧ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です