運動会の写真は場所取りで決まる!?徒競走・かけっこの撮り方

運動会の写真では、場所取りで写真の出来が大きく左右されます!
特に徒競走・かけっこで走っている時間は、ダンスや組体操などに比べて、出番が短いのでシャッターチャンスも一瞬です。

 

運動会の写真を撮る前に知っておきたい、場所取りについてお伝えします!

運動会の写真の場所取り

運動会の写真の場所取りは、写真を撮れる場所が限られており、なおかつ人が多いので争奪戦になりがちです。

事前に写真を撮る競技をチェックしましょう!

 

ただし、徒競走やかけっこの場合

  • 直線を走る場合
  • トラックを半周〜一周走る場合

以上の場合で、場所取りの狙い目が異なります!

 

 

 

運動会の写真の場所取り【徒競走・かけっこで直線を走る場合】

運動会の写真の場所取りで、徒競走・かけっこで直線を走る場合、まず狙うべきは、ゴール正面の場所です!

 

ゴール正面の位置から写真を撮るメリットは以下の通りです!

  • 走っているときの表情を残せる
  • ゴールの瞬間を撮れる
  • 走っている正面から撮るので、他の子どもとかぶらないので確実に撮れる

 

 

走る距離や、園庭・運動場の広さにもよりますが、一眼レフやミラーレスカメラの望遠ズームレンズを使わないとき

  • スタート時に子どもたちがかなり小さくなる

可能性があるので、お使いのカメラや交換レンズをチェックしてみてくださいね!

 

▶️ 運動会で使えるカメラのレンズは?初心者でもOK! 徒競走もダンスも撮れるレンズ

▶️ 運動会で使えるカメラは?思い出をしっかり残せるオススメのカメラ3選

 

 

 

運動会の写真の場所取り【徒競走・かけっこでトラックの外周を走る場合】

運動会の写真の場所取りで、徒競走・かけっこでトラックの外周を走る場合、まず狙うべきは、ゴール側のカーブ付近です!

 

 

 徒競走やかけっこで、トラックの外周を走る時にカーブ近くから撮影すると

  • スタート時の並んでいる様子
  • 走り出しのスタートダッシュ
  • カーブで回る様子
  • ゴールに向かう〜ゴールの瞬間

 

などを撮ることができ、徒競走・かけっこの全体の様子をまんべんなく写真に残すことができます

 


運動会の写真は出番までに練習を!

運動会の写真は、お子さんの出番までに練習をぜひしてみてください!

スタート〜カーブ〜ゴールへと走っていく徒競走やかけっこは、スピードが速いためピントを合わせるのが難しいです。

 

  • スタート前
  • スタートの走り出し
  • カーブの曲がり
  • ゴールまでの頑張り
  • ゴールの瞬間

撮りたい瞬間・シャッターチャンスがあっという間に終わるのが徒競走・かけっこです。

 

場所取りができたら、ご自身のお子さんの出番までの間に、他のお子さんの走りをぜひ練習で撮ってみて下さい!

 

  • だいたいこれくらいのスピードで来るんだな
  •  結構すぐカーブに行ってしまうな
  •  ゴールに向かって来るときは、ピント合わせられるかな

 

と、出番が来るまでに実際に撮ってみるだけで、カメラを追いかける感覚が掴めてきますよ!

また、小学校高学年になると、走るスピードもかなり早くなってくるので、ピントを合わせる練習も合わせてしてみるのがオススメです!

 

 

運動会の写真は場所取りで決まる!徒競走・かけっこの撮り方のまとめ

運動会の写真の場所取り!徒競走・かけっこの場合についてご紹介しました!

 

運動会は、動いている瞬間を写真で撮るので、ブレやすく撮影しづらいシチュエーションです。

でも、しっかりと場所取りをして、撮るシミュレーション・出番まで練習をしておくだけで、かなり撮りやすくなります。

 

お子さまの勇姿、場所取りを制してしっかりと残しましょう! 

ご提供中の写真撮影メニュー

今までとは違う自然体な写真を撮影してみませんか?


札幌を中心に

・いまの自然な表情を切り取る「家族写真」
・百日祝い・七五三などの「記念日写真」
・起業家向け「プロフィール写真」
・イベント・セミナー風景などの「ビジネス写真」

などの撮影をしています

ご提供中の写真撮影メニューに関するご案内は下のボタンをクリックしてご覧ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です