アデノウイルスに子どもが感染【体験談】高熱はいつまで続く?

アデノウイルスに先日、子どもが初めて感染しました。
高熱が出て看病していても、子どもがかなり辛そうで心配でした。

いろんな感染症が流行するこの時期だからこそ、我が家のアデノウイルス体験談をシェアします!

高熱で保育園から突然のお迎えコール

朝はいつも通り元気に登園した年少の息子くん。
以前から、食べムラがあり、この日も自分で選んだみかんと乳酸菌飲料だけでした。

もしかしたら、この時から食欲があまりなかったのかもしれません。


夕方17時に
「39度の熱が出ているのでお迎えお願いします」
とお迎えコールがやってきました。

実は、このお迎えコール今月2回目!
前回はインフルエンザA型だったので、「またインフルエンザにからかったのでは!?仕事休めるかな・・」と不安がよぎりながらのお迎えになりました。

ちょうどこの日の夕方は、小児科が休診のところが多く
もしインフルエンザだった場合、熱が出てから24時間たたずに検査をしても、たとえ陽性でも陰性になる可能性もあるため、病院には寄らず帰宅。

 

夕食も摂らず、ポカリスエットを枕元に置いて、夜も39度のまま寝にくい夜になりました。

発症2日目

朝起きたときも38度。
まだまだ熱も高く、「喉が渇いた!」と言いながら、ポカリをごくごく飲みます。

水分が取れてはいるものの、食欲はないようでしたが
「アイス食べたい」
というので、バニラアイスを食べて落ち着いたようです。

夜はあまり寝れなかったせいか、午前中から眠く何度かうとうとするものの、寝付けず、そうこうしているうちに、熱もまた39度代に。

本人も辛いまま、午後から、診察に向かいました。

 

検査が嫌すぎてギャン泣き

午後からのかかりつかの小児科に行き、診察を受けました。

高熱がでていることもあり

  • インフルエンザ
  • アデノウイルス
    の2種類の検査を受けました。

 

インフルエンザはつい数週間前にかかったばかりで、本人も鼻に検査器具を入れる検査の痛みを覚えていたようで、ギャン泣き!

さすが、もうすぐ4歳の男の子のパワー!私だけでは手足を抑えるのが限界・・・

看護師さんに頭を押さえてもらって、なんとか検査できました。

 

インフルエンザは鼻に検査用の綿棒のようなものを入れますが、アデノウイルスは咽頭(喉)に入れます。

じっとしている方が痛くないんでしょうが、やっぱりしんどいし怖いし、息子もなんとか頑張ってくれました。(先生、看護師さん本当にありがとうございました)

そして、無事?アデノウイルスと判明しました!

アデノウイルスには抗生剤は効かない

アデノウイルスは抗生剤が効かないから、免疫力で治します

とかかりつけ医から説明を受けました。

アデノウイルスには型がたくさんあり、型によって症状がちがうようですが主に

  • 発熱
  • 結膜炎
  • 胃腸

に症状がでるとのことでした。

 

今回、息子の症状は発熱のみだったので、処方されたのは、粉の解熱剤でした。

 

発症3日目

熱は相変わらず、38度代で、まだまだしんどい様子でした。

熱が高いと食欲も出ないようで、食べたのは

  • 昆布入りのおにぎり1つ
  • 焼き鮭入りのおにぎり一口
  • アイスクリーム

 

ポカリスエットやお水をこまめに飲んでいたので、脱水症状は出ずに、とにかく安静にしていました。

 

 

熱があるからズボン脱げない

お熱が出ていると、いつもできることができなくなってしまうもの。

トイトレも完了している息子(もうすぐ4歳)ですが、

「トイレに行きたくても、ズボンの脱ぎ履きが自分でできない!」

と泣いてしまいました。

 

できることが少しずつ増えてきて、赤ちゃんではなく幼児らしく、お兄ちゃんになってきたな、と思っていたけれど、まだまだ3歳。

いつも頑張っているからこそ、熱が高くて頑張れないこともあると知った母でした。

 

発症4日目

発症4日目、熱は37度代になり、かなり楽になってきたようでした。

ビデオで撮り溜めたアンパンマンを見たり、絵本を読んだりできるくらいには体調が戻ってきました。

でも、大好きなプラレールを組み立てたり、電車を走らせたりするまでの元気は出なかったよう。

この日は、私はお仕事で出かけていたので、夫と二人で息子はお留守番でした。

発症5日目

発症5日目に、やっと解熱!

しかし、アデノウイルスは、解熱した日を0日目として、解熱2日目まで保育園などには登園できません。

元気になってきて、ビデオを見るのも飽きてきつつありましたが、ちょうど年末ということもあって親戚が来たり、クリスマスにプレゼントが届いていたりと、普段できないことを楽しんでくれていました!

 

 

夫に感染

無事、息子は自然治癒したアデノウイルスですが、見事に夫に移りました。

  • 喉の腫れ
  • 38度代の発熱
  • 寒気

が3日ほど続きました。

家族間の感染は、仕方ないとはいえ辛いですよね・・

感染は防げる?

夫にも感染したアデノウイルスでしたが、息子につきっきりで看病していた私は発症しませんでした。

発熱していた間は、かなり抱っこもして、同じ布団で寝ているのに!!

 

年末年始に仕事の予定が入っていたので、絶対にアデノウイルスを発症したくない!と思っていたので、できることはないかな?と私なりに感染予防をしたんです。

感染予防にしていた9つのこと

感染予防にしていたことは

  • 常時マスクの着用(寝るときも)
  • マスクは外したら、新しいものに変える
  • こまめな換気
  • 室内の湿度を上げるために、洗濯物を干す
  • 寝室に濡らしたバスタオルを干す
  • 子どもが使った食器類は共用しない
  • 子どもが使ったタオル類は共用せず都度交換
  • 着た服はニットであっても毎日洗濯する
  • 緑茶や紅茶などの殺菌効果が期待できる飲み物をこまめに飲む

 

以上の9つのことでした!

看病をしていれば、ウイルスはどうしても取り込んでしまう可能性が高いです。

だからこそ、なるべくウイルスを取り込まないようにする工夫と

取り込んでしまっても免疫力で発症しないで済むように、と気をつけていました。

看病する方も疲れます。

仕事が進んでいないこと、お休みしていることも気になります。

でも、自分も倒れたらもっと大変!だから、夜はしっかり体を休めていたのも功を奏したのかもしれません。

 

 

 

アデノウイルスに負けないで!

冬場にも流行しやすいアデノウイルス。

高熱が出る感染症だからこそ、心配ですよね。

我が家は、重症化せず5日目には良くなりましたが、症状には個人差があるようですので、心配なときには解熱剤を活用したほうがよく眠れるようです。

 

看病の一助となりますように!

記念日写真のご案内

ご夫婦の結婚記念日や、お子さまのお誕生日に、家族の愛をぎゅっとつめこんだ写真をお撮りします!
 
カメラマン自身も子育て経験があるので、人見知りがあるお子さまでも大丈夫です!
カチッとした記念写真ではなく、遊びながら・散歩しながら自然な表情を切り取ります。
 
 
みんなが主役の撮影だからこそ、家族の絆も深まります


記念日写真のご案内は下のボタンをクリックしてご覧ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です