お宮参りと百日祝いの写真のちがいは何?赤ちゃんの成長と表情の変化を残そう!

お宮参りと百日祝いの写真のちがいって何か知っていますか?

 

お宮参りと百日祝いは、たった2ヶ月のちがいだから、両方の写真を残す必要はないかな?と一度は思うかもしれません。

でも、実は赤ちゃんの成長はとっても早くて、百日祝いとお宮参りの時期では表情もとってもちがうので、欠かせない撮影ポイントなのです

 

お宮参り・百日祝いとは?

お宮参り・百日祝いとは、そもそもどんな行事なのでしょうか?

 

お宮参りとは?

お宮参りとは、生後1ヶ月ごろに行います

産土神社(土地の神さま)に、無事に出産を終えたことへの感謝と、赤ちゃんのこれからの成長をお祈りする行事です。 

 

お宮参りについての詳細は、以下の記事を参照ください!

▶️ お宮参りはいつ行くもの?百日祝いと一緒にやっても大丈夫?

 

お宮参りは、ベビードレスやのしめというお着物を赤ちゃんが着ますが、近年では実際には神社へのお参りは行わず、スタジオなどで写真撮影のみ行う家庭も多いようです。

 

 

百日祝いとは?

百日祝いとは、生後100日に行います

 

「一生食べ物に困りませんように」

「丈夫な歯が育ちますように」

と、これからの健康と幸せを祈る儀式で、「お食い初め」とも呼ばれています。

 

百日祝いについての詳細は、以下の記事を参照ください!

▶️ 百日祝いのやり方は?基本のやり方と我が家の場合

▶️ 百日祝いの写真を自宅で撮影!可愛い撮り方のアイデア

 



お宮参りと百日祝いの写真のちがいは何?

お宮参りと百日祝いの写真のちがいは、実際にどんなところなのでしょうか?

行事の意味は全く別のものだけれど、たった2ヶ月の期間の差だからこそ、まとめて撮ってしまっても大丈夫なのでしょうか?

 

次に、お宮参りと百日祝いの写真のちがいをご紹介します!

 

 

お宮参りと百日祝いの写真のちがい① 成長

 お宮参りと百日祝いの写真のちがい、1つ目は「成長」です!

お宮参りの時期は、新生児を終えたばかりで華奢な感じもまだある時期です。

一方、百日祝いの時期は、ほっぺたもプクプクとして、新生児の頃よりも肌の赤黒さや黄疸なども消え、赤ちゃん本来の肌の色もわかるようになります。

 

お宮参りと百日祝いの時期の平均身長・体重の変化

お宮参りの生後1ヶ月ごろと、百日祝いの生後100日頃の平均身長・体重を比較して見ましょう!

 

  身長 体重
男の子(生後1ヶ月) 50.9~59.6cm 3.4~5.5kg
男の子(生後100日) 57.5~66.1cm 5.1~8.1kg
女の子(生後1ヶ月) 50.0~58.4cm 3.5~4.84kg
女の子(生後100日) 56.0~64.5cm 4.8~7.5kg

かなり個人差があるとはいえ、お宮参りと百日祝いの時期では、体重も2kg前後の差があります。

 

大人とちがい体自体がとっても小さい赤ちゃんの2kgは急成長

毎日見ていると分かりづらいかもしれませんが、赤ちゃんは生まれてから、大人ではありえないスピードで成長を続けています。

 

まだまだ夜もまとめて寝れないこともある時期ではありますが、生まれてからの成長が、お宮参りと百日祝いの写真でもちがいがはっきりと見てとれますよ。

 

お宮参りと百日祝いの写真のちがい② 衣装

 お宮参りと百日祝いの写真のちがい、2つ目は「衣装」です!

 

お宮参りと百日祝いの写真をスタジオで撮影する場合は特に、着ることができる衣装の種類が大きく変わります。

 

 

写真スタジオによって、ルールが異なりますが

 

お宮参りの時期は

  • 着物
  • ベビードレス

がメインだったのが

 

百日祝いの時期は

  • 着物
  • ドレス・タキシードなどの洋装
  • 着ぐるみ

などたくさんの種類を着られることが多いようです!

百日祝いの時期に、首がすわる

百日祝いに着られる衣装が多いのは、この時期に首がすわる赤ちゃんが多いためです!

 

衣装によっては、帽子などが重いと首がフラフラしてしまって赤ちゃん自身が辛い体勢になってしまいます

そのため、お宮参りの頃より、百日祝いの時期の方が、安全に着られる衣装がたくさんあるのだそうです。

 

お宮参りと百日祝いの写真のちがい③ にっこり笑顔が見られる

 お宮参りと百日祝いの写真のちがい、3つ目は「にっこり笑顔が見られる」です!

 

お宮参りの生後1ヶ月ごろは、一日の中で15〜20時間ほど寝て過ごします

起きている時間の方が、実はずっと短いんです。

 

また、生理的微笑という笑顔のような表情を見せてくれることもありますが、にっこり笑顔はお宮参りの時期にはあまり見られないことが多いです。

一方、百日祝いの時期は、お宮参りの頃よりも続けて起きている時間も増え、赤ちゃんのにっこり笑顔が見られるようになります。

 

また、人見知りもまだ始まっていないことが多いので、写真スタジオや出張撮影などで、家族以外の人がカメラマンとして撮影しても、体調や授乳のタイミングが合えば、人見知りでずっと泣き続けてしまうことも、あまりありません

そのため、百日祝いは可愛い写真をたくさん撮るチャンスなんです!

 

 

お宮参りと百日祝いの写真のちがいのまとめ

お宮参りと百日祝いの写真のちがい 

  • 成長
  • 衣装
  • にっこり笑顔

の3つについてご紹介しました!

 

お宮参りと百日祝いは、行事としての意味合いも異なります。

出産して間もない時期に、続けてあるお宮参りと百日祝いですが、赤ちゃんの成長はとっても早いです!

 

あとから、撮っておけば良かった・・とならないように、ぜひ赤ちゃんの成長記録を写真におさめてくださいね!

 

写真スタジオでの撮影ではなく

  • お宮参りの神社参拝の様子の出張撮影
  • お食い初めの様子をご自宅やお祝い先での撮影

など、ご希望の場所での撮影も行っています!

▶️ 記念日撮影の詳細はこちら!

ご提供中の写真撮影メニュー

今までとは違う自然体な写真を撮影してみませんか?


札幌を中心に

・いまの自然な表情を切り取る「家族写真」
・百日祝い・七五三などの「記念日写真」
・起業家向け「プロフィール写真」
・イベント・セミナー風景などの「ビジネス写真」

などの撮影をしています

ご提供中の写真撮影メニューに関するご案内は下のボタンをクリックしてご覧ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です