カメラマンの仕事とは?撮影前の準備と撮影後のこだわり

カメラマンの仕事ってどんなことしてるの?
撮影の前にはどんな準備をして、撮影のあとは何をしてるの?

カメラマンというと

  • 結婚式のカメラマン
  • 学校の行事に撮影に来る写真館のカメラマン
  • 子ども写真スタジオ

を想像する人が多いかもしれません。

カメラマンはカメラを構えて写真を撮る以外にも、たくさんのこだわりを持って「見えない仕事」をしています。

そこで今日は、出張カメラマンとして活動するわたしのカメラマンの仕事についてご紹介します!

 

カメラマンの仕事とは?流れは?

カメラマンの仕事とは?どんな流れなのでしょうか?

カメラマンによって違いがあるかとは思いますが、私が実際にやっている流れをご紹介します!

 

カメマンの仕事① 撮影前

カメラマンのお仕事一つ目は、撮影前の流れです。

順番は前後しますが、以下についてほぼ同時に進めています。

撮影場所・時間・集合場所などを決める

撮影場所・時間・集合場所などを、撮影のお申し込みをいただいた後なるべく早めに決めてお伝えしています。

ご希望の撮影イメージなどに合わせて、撮影場所や時間、それに合わせて集合場所を決めます。

 

事前の打ち合わせ(メールまたは対面)

事前の打ち合わせをメールまたは対面で行います

撮影のご依頼いただいた理由などをお伺いして、撮影したいイメージや必要なカットをピックアップします。

撮影で着る洋服について相談

撮影で着る洋服についてご相談もかなり重要です。

 

撮影したお写真の用途・撮影内容が

  • お仕事用
  • 婚活用
  • 家族写真

など、それぞれのケースに合わせて、アドバイスしています。

特にお仕事用の場合は、講師用の写真が必要かどうかを含め、撮影イメージに合わせてジャケットの有無などについてもご相談しています。

 

「どんな私になりたいのかな?」

「周りからどんな印象を持たれたいかな?」

この2つのポイントについて、いつもお伺いしています。

 

ブログやサイトなどのチェック

ブログやサイトなどのチェックも行います。

撮影をご依頼いただいた方が、撮影した写真をSNSやサイトなどで活用される予定の場合は特に、「今の発信の状況」「見せ方」を事前に確認します。

 

その上で、撮影したら良いカットがないか、発信する上で「こうしたら良いな」という写真の使い方や改善点を洗い出します

  

撮影場所のチェック

撮影場所をチェックを撮影前か撮影当日に事前に行います。

 

撮影イメージに合わせて、集合場所からの移動する経路や撮影する場所をあらかじめ決めておきます。

他にも

  • ここでも撮れそうだなというポイント
  • ご希望あればプラスで撮れそうな場所
  • お手洗いの場所

などもチェックしておきます。

 

 

カメマンの仕事② 撮影当日

カメラマンの仕事のいちばん目立つのは、やっぱり撮影当日。

撮影当日は、以下のことをしています!

 

太陽の向きの確認

太陽の向きの確認は、屋外でのロケーションフォトの場合は必ず行います。

順光・逆光でかなり写真の雰囲気が変わるので、事前にピックアップしている撮影イメージと合わせて、光の向きをチェックします。

 

 

撮影場所の再確認・撮影

撮影場所の再確認を撮影前にしてから、実際の撮影を迎えます。

 

写真を撮られる時って、どうしても緊張してしまうもの。

撮影という短い時間で、少しでもお互いに距離が縮まるように、その人に合わせて話題を変えたり、撮る場所を変えたりしています。

 


撮影させていただくまでにも

「どんな方なのかな?」

と興味を持って準備をしていて

 

実際、撮影になれば

「こういう素敵な人なんだな」

「こういう感じ方してるのかな?」

と、より撮影させていただく方の内側にピントを合わせている感覚でいます。

 

撮影させていただいた方から、よく「話しやすい」印象を持っていただけることが多いのは、このおかげかもしれません!

 

 

撮影データの確認・メール

撮影が終わったら、当日中にパソコンでデータを取り込み、確認を行います。

 

撮ったその時の感覚で、

「この写真特に良いな」

というものを数枚ピックアップして、補正してからメッセージで写真をお送りしています

 

 

写真を撮られた側にとって、「どんな風に撮れたかな?」って、とっても気になりますよね?

だから、私としては少し手間はかかるのですが、なるべく撮影したその日中に、撮影のお礼と合わせてお送りしています。

 

カメマンの仕事③ 撮影後

カメラマンの仕事は撮影後にも続きます。

実は、撮影している時間よりも、撮影後にかける時間の方が長いこともあるのです。

 

写真のチェック・補正

写真のチェックは撮影したその日のも行っていますが、翌日以降にも再度チェックします。

というのも、撮影した直後よりも、翌日以降の方が撮影した写真をよりフラットに冷静に見ることができるからです。

 

  • ピントが合っているか
  • 水平・垂直方向の歪み
  • 構図
  • 色温度・彩度
  • 露出

など、改めて確認
して、画像補正ソフトを使って写真を一枚一枚キレイに仕上げます。

 

 

「撮って出し」といって、写真を撮ったままのデータで納品すれば、補正したりする時間を省略することができます。

でも、それだとスッピンのままお出かけするのと同じこと。

 

せっかくキレイに、魅力を切り取れているからこそ、より美しくなるように手直ししたり、使いやすくしたりした方が私はスマートだと考えています。

 

 

逆に、原型をとどめないほど写真を加工・修正するのにも違和感を感じます。

 

コスプレを楽しむ変身写真ならありかもしれないですが

自然な表情を切り取りたいのに、写真を修正しまくって別人になったら、ちょっと悲しいです。

だから、ちょうど良いさじ加減で、写真を厳選・補正するのが私のこだわりです。


写真の納品

写真の納品方法は、カメラマンによって様々です。

私は、基本的にオンライン上でのデータ納品にしているので、納品メールをお送りすれば、納品は完了です。

 

他にも

  • CD-ROM
  • USB
  • 写真プリント
  • フォトブック

など様々な形で、写真を納品することが可能なので、撮影ごとに納品でやることは変わります。

 

特にフォトブックを作る際は、写真の厳選・補正が終わってからフォトブックのデザイン・写真の配置などを考えるのでさらに時間がかかります。

 


上の写真は、フォトブックの編集画面!

これは息子の3ヶ月分の写真の整理のために作ったフォトブックですが、こんな感じで、たくさんある写真の中から選りすぐりを配置していきます。

 


カメラのメンテナンス

カメラのメンテナンスも、撮影がないときなどに行います。

 

またカメラのレンズをはじめとして撮影機材も、増やしています。

機材によって、撮れる写真の幅がかなり変わります。決して安くはない撮影機材ですが、日々大切にメンテナンスしながら、新しく導入したりもしています。

 


カメラマンの仕事とは? おわりに

カメラマンの仕事について、ご紹介しました。

以上ご紹介した他にも、サイトを更新したり・お問い合わせメールへ返信したり、経費計算したり、など様々な事務作業も行っています。

 

カメラマンによってちがいはあるかもしれませんが、おおまかな流れは同じだと思います。

 

その中でも特に私は、「撮影前の準備」を大切にしています。

 

写真を撮るからこそ、撮影させていただく方に興味があるし、

  • どうしたら良い撮影になるのか
  • 何を求められているのか
  • どんな未来をいっしょに描けたらいいのか

撮影を超えたその先をいつも見るようにしています。

 

また他にもこだわりが見つかったら、ご紹介しますね!

ご提供中の写真撮影メニュー

今までとは違う自然体な写真を撮影してみませんか?


札幌を中心に

・いまの自然な表情を切り取る「家族写真」
・百日祝い・七五三などの「記念日写真」
・起業家向け「プロフィール写真」
・イベント・セミナー風景などの「ビジネス写真」

などの撮影をしています

ご提供中の写真撮影メニューに関するご案内は下のボタンをクリックしてご覧ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です